引越しで出た不要な家電や家具、粗大ゴミ、遺品整理、ゴミ屋敷を何とかしたい!
こんなゴミでの悩みを解消する特別な方法をご案内します。
回収費用

自治体の粗大ゴミ回収にかかる費用ってどのくらい?安いって聞くけど

粗大ゴミを地方自治体が行っている回収サービスを使うメリットはズバリ安さ!です。

そこで自治体の粗大ゴミにかかる費用とメリットやデメリットなどをまとめてみたいと思います。

まず自治体で回収をしてもらえる物には限りがあるので、冷蔵庫やエアコンなどのリサイクル商品の回収は出来ない事を確認してください。

あとは地域によって粗大ゴミ回収にかかる費用が変わってきますので、詳細については各自治体に確認をするようにしましょう。

自治体を利用する時にかかる費用は?

ここでは私が住んでいる愛知県名古屋市の自治体を例にして不用品回収の費用をまとめてみました。

愛知県名古屋市の粗大ゴミ回収の手数料としては、

  • 250円
  • 500円
  • 1000円
  • 1500円

大きくこの4つの金額に分けられています。

それぞれの費用にどんな粗大ゴミが含まれているかを次にまとめてみます。

250円 ・換気扇・こたつ(こたつ板を除く)・照明器具・除湿器・炊飯器・扇風機・電気掃除機・パソコン用プリンター・ビデオデッキ・布団乾燥機・ミニコンポ・ラジカセ・ワープロ・衣装箱・いす(応接いすを除く)・ガス台・カラーボックス・こたつ板・じゅうたん・建具・テレビ台・布団・ブラインド・マットレス(ベビー用のもの)・毛布・編み機・乳母車・脚立・米びつ・三輪車・水槽・スーツケース・スキー用具・トタン・ベニヤ・木材、庭木類・物干し竿
500円 ・オーディオ機器・ガスコンロ・ストーブ(ファンヒーター除く)・ホットカーペット・食器洗い乾燥機・湯沸器・応接いす(1人用)・オーディオラック・机(両そでの物を除く)・鏡台・ゴルフ用具・サーフボード・自転車・卓上式ミシン・流し台・物干し台
1000円 ・オルガン・ステレオセット(ミニコンポ除く)・電子レンジ・ファンヒーター・ふろがま・マッサージ機(いす型のもの)・アコーディオンカーテン・げた箱・サイドボード(高さ90センチ未満かつ幅120センチ未満)・書棚(高さ120センチ未満かつ幅90センチ未満)・食器棚(高さ120センチ未満かつ幅90センチ未満)・洗面化粧台・たんす(高さ120センチ未満かつ幅90センチ未満)・机(両そでのもの)・テーブル・ベビーベッド(マットレスを除く)・マットレス(ベビー用を除く)・ロッカー(1人又は2人用)・健康器具・畳・仏壇・ミシン(卓上式を除く)・物置(解体した状態にあるもの)
1500円 ・カラオケ演奏装置・電子オルガン・電子ピアノ・応接いす(2人以上)・サイドボード(高さ90センチ以上または幅120センチ以上)・書棚(高さ120センチ以上または幅90センチ以上)・食器棚(高さ120センチ以上または幅90センチ以上)・たんす(高さ120センチ以上または幅90センチ以上)・ベッド(マットレスを除く)・ロッカー(3人以上用)

名古屋市粗大ゴミの目安

上記を見てもらうとわかるのですが、市役所や自治体で粗大ゴミを処分するのは相当安く出来ます。

また次のような注意事項も記載されています。

従来から排出禁止になっている物(ガレキ、鉄塊、自動車用タイヤ、オートバイ、原動機付自転車、消火器、自動車鉛蓄電池、ピアノ、FRP浴槽、大型電気温水器、自動車など収集または処理が著しく困難な物、市の処理施設の機能に支障が生じる物)は収集しません。

規制が厳しいものの、粗大ゴミを一番安く処分したい!と思う方は市役所へ連絡をするのが一番良いでしょう。

役所や自治体の粗大ゴミ回収はまったく自由が利かない!デメリットは?

粗大ゴミの処分費用については安い!という事はわかったと思います。

しかし役所や自治体で粗大ゴミを回収、処分してもらう場合、この安さ以外にメリットはとても少ないのが現状です。

逆にデメリットと思える事をまとめてみたいと思います。

  • 自宅まで取りに来てもらえない
  • 回収日などが決まっていて融通が利かない
  • リサイクル商品(家電など)は処分をしてもらえない
  • 買取が出来そうな物でもすべて費用を取られ処分をされる
  • オフィス移転などで大量の粗大ゴミが出ても対応出来ない
  • あくまで処分をするだけで遺品整理やごみ屋敷の対応は不可

役所、自治体の粗大ゴミ回収では、自力で持ち込む事が出来る人限定になります。

小さい物なら良いのですが、大きな冷蔵庫や洗濯機、食器棚やタンス、その他の機器などを持ち運ぶのはとても難しいと思います。

車に乗る程度の大きさなら役所や自治体で粗大ゴミとして処理をしてもらった方が良いのですが、それ以外のケースではほとんどの方が民間のごみ収集業者を使っているのが現状なのです。

自治体、役所の粗大ごみ回収サービスを利用される方は持ち運びが出来る、もしくは持ち運びをする!

こういった方しか実際には使いにくいサービスと言っても良いのではないでしょうか?

粗大ごみを処分する!粗大ごみを引き取りしてくれるのは民間企業

先ほどもお伝えしましたが、粗大ごみを持ち運ぶのって相当大変です。

冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの家電なら設置と一緒に回収をしてくれる販売店もありますよね。

あの有名なジャパネットたかたなんかもその1つです。

リサイクル費用はもちろんかかりますが、中には下取り!と言う形で値引きをしたように見せている上手な商売です。

これ以外にも自宅、オフィスまで引き取りに来てくれるのは民間のごみ収集業者。

自治体や役所の粗大ごみ処分サービスよりも高くなりますが、面倒な事が一切ありません。

高層マンションに住んでいたり、高齢者、女性などは重い荷物を運び出す事もなかなか至難の業です。

こういった方が利用されるのがこうした民間の粗大ごみ処分業者なのですが、あまりにも多くの業者がいる為にどこを選んだら良いのか?

と迷ってしまうのも事実です。

特に処分をしたい粗大ごみが多い場合などは、全部を一気に自治体、役所のごみ処分場に持っていく事も出来ませんし、ネットなどを使って民間業者を探しているのがとても多くなっているのです。

そんな時に、失敗しない粗大ごみ収集業者選び!として当サイトがお勧めしているのが複数の粗大ごみ処分業者から無料で見積もりを取るサービスを利用する事。

エコノバと言う一括見積もりサービスなのですが、このエコノバを使う事で悪徳業者に依頼してしまう事もなく、あなたの予算に合わせた粗大ごみ処分業者を見つける事が出来るのです。

中には処分をするつもりが買い取りをしてくれて逆にお金をもらえた!

なんて言う話もあるぐらい。

もしあなたが粗大ごみの処分業者を探しているのでしたら、完全無料ですので一度試してみるのも良いと思いますよ!

エコノバをお得に使う丸秘テクニックとは?