引越しで出た不要な家電や家具、粗大ゴミ、遺品整理、ゴミ屋敷を何とかしたい!
こんなゴミでの悩みを解消する特別な方法をご案内します。
オフィス不用品

オフィス移転、会社事務所の引越しにかかる費用って?どこに依頼するのが安く済む?

オフィス移転や会社事務所を引越しする時、たくさんの物品を運ばなくてはいけませんよね。

もちろんオフィス用品の不用品などもたくさん出てくると思います。

捨てるもの、次の移転先に持っていくもの、新しく買い換えるもの。

こういったすべてを踏まえてオフィス移転の費用は考えなくてはなりません。

しかもオフィス移転は専門業者や引越し業者、当サイトでご紹介をしているような不用品回収も同時に行ってくれる業者など、いろいろな業者を比較して費用を決めたいところです。

そこで当ページでは、オフィス移転の費用について掘り下げてお伝えしたいと思います。

オフィス移転にはどんな費用がかかるのか?

オフィス移転にかかる費用としては、

  • 引越し費用
  • 退去費用
  • 不用品回収費用
  • 設置費用

このような費用がかかってきます。

もちろんオフィスや事務所の広さや物品の数によっても移転費用は大きく異なってきます。

オフィス移転と言うのは、費用の事を考えてしまいがちで、実は退去する前にきちんと退去の旨を連絡しなくてはいけません。

実はこの私も事務所を移転する際に、引越し(移転)の事ばかりを考えていて退去連絡をするのが遅れた経験があります。

借りている物件によっては半年ぐらい前には連絡をしないといけないところも多くなっていて、すぐに引越し業者や不用品回収業者に連絡をしてしまい予定通りに進まなかった事もありました。

ですからまず最初にいつ移転をしたいのか?と言うことを決める事が大切になってくるのです。

そこから初めてオフィス移転の費用を考える事にしましょう。

オフィス移転費用の目安

一概には言えない部分がありますが、オフィス移転費用は社員1人当たり2~3万円程度かかると言われています。30名の企業なら60万円~90万円と言う費用の目安ですね。

上記に付随して、廃棄をする什器やデスク、椅子などの費用がかかってきます。

什器などの廃棄費用、不用品回収費用としてはよくトラックの台数で決められる事が多いのですが、業者によってかなり費用(金額)に差が出てきますのでここはじっくりと見積もりを比較したいところです。

☆私のオフィス移転時の不用品回収について

私の会社はパートさん合わせて10名ほどの会社です。デスクなどは人数分+α。丁度什器類も古かったのもあり、不用品として処分を検討していました。

そこで見積もりを依頼しA社とB社の2社を比較。ここでも不用品回収費用が倍以上違っていた!と言う事実がありました。

結果的には、ここまで不用品回収の費用が違ってくると言うことはもっと安いところがあるのでは?と言う結論になり、不用品回収専門でしかも内容によっては買取をしてくれる業者を探した経験があります。

私の経験にはなりますが、実は什器などオフィス移転で不用品として回収をしてくれる業者の中には買い取りをしてくれるところもあるのです。

もちろんすべてではありませんが、比較的キレイに使っているデスクなどですとオフィス用品専門の不用品回収業者などでは買取をしてくれると言う事ですね。

こういった事を知っているかどうか?だけでも必要のない経費を抑える事が出来るのです。

オフィス移転はどんな業者に依頼をするのがベストなの?

引越し業者や不用品回収業者、オフィス移転専門の業者などいろいろありますが、私は経験上不用品回収を中心にやっていて、しかも引越し業務にも慣れている業者に依頼するのがベストだと思っています。

実際に先ほどお伝えしたように、什器類などは買取をしてくれる可能性も出てきます。

この買取をするのは古物商の免許を持っていないといけないのですが、そういった優良な不用品回収業者と言うのは今ではたくさん存在します。

しかしすべての不用品回収業者が優良と言うわけではありません。中には古物商や産業廃棄物処理の免許を持たず、不正な費用を請求してくる業者もいるので注意が必要です。

引越し業者でも不用品回収はしれくれるケースがありますが、ほとんどの場合は別料金を請求されます。

2トントラック一台ならいくら?みたいに。

もちろんオフィス移転と同時になりますので、通常よりは安い金額で対応してくれるところが多いですけどね。

それが不用品回収業者で、引越し、オフィス移転にも慣れている業者なら無料引き取りや買取までしてくれるのでとてもお得にオフィス移転を行う事が出来るのです。

こういった事からも当サイトでは、優良な不用品回収・粗大ごみ処分業者に依頼をする事をお勧めしています。

オフィス移転をする時の注意点!意外な落とし穴に注意を

オフィス移転と言っても実は簡単に引越しをしよう!と言うわけにはいきません。

隠れた部分でやる事がたくさんあるのがオフィス移転なのです。

先ほど少し触れましたが、移転をする時のテナントなどへの連絡もそうですよね!

それ以外にもたくさんの注意点がありますのでまとめてみたいと思います。

  • 名刺などの住所変更
  • クライアントへの住所変更・電話番号変更の知らせ
  • 新しい事務所との契約
  • 既存事務所の光熱費などの支払い
  • 駐車場の解約
  • 新事務所での引越しにまつわる手続き
  • 法務局への申請
  • 税務署への申請
  • 社会保険事務所への申請

正直、もっとたくさんの事をクリアしながら事業も進めていかないといけません。

ここでまた私の経験談になりますが、小さい会社で私自身も営業として動いている毎日でした。

こんな会社業態ですと、誰かがしっかりと契約ごとや既存事務所との話をしてくれないと前に進みません。

上記でお伝えした申請や手続きなども誰かが代わりにやってくれないと・・・

こういう状態になる会社も少なくないと思います。

こういった時にでもスムーズにオフィス移転を進める為には、やはり専門業者の力を借りる必要が出てくるのです。

移転スケジュールや注意事項も考えてくれて、仕事に集中しながら円滑にオフィス移転をする。

こういった優れた業者を探すのも難しいのですが、当サイトではあなたの会社の地域にある優良業者だけが登録しているエコノバと言う無料サービスを試して頂くのが良いと自信をもってお伝えする事が出来ます。

移転作業、不用品回収、そして古物商、産業廃棄物処理をきちんと取得している業者のみ!から一括見積もりを無料で取れるエコノバを一度お試しください。

間違いなくスムーズに、しかもお得にオフィス移転が出来ると思いますから。

オフィス用品の買取も!優良業者から一括見積もり【エコノバ】